使える画像系フリーソフト8選

2020年8月31日

画像閲覧系ソフト

Picture Viewer PV64

開発元:YOX-Project
開発形態:企業開発
ソフトの目的:画像閲覧
対応OS:Windows

軽量な画像閲覧ソフト。独自のバイリニアフィルターできれいに画像を拡大縮小できる。

画像作成系ソフト

GIMP

開発元:The GIMP Team
開発形態:OSS開発
ソフトの目的:画像作成
対応OS:Windows、Linux、Mac OS

高機能なペイントソフト。有名で、参考書も多く使い始めやすい。

窓フォト

開発元:Onetouchsoft
開発形態:個人開発
ソフトの目的:画面保存
対応OS:Windows

連続キャプチャ機能で100万枚まで撮れる。スクロールしなければならないようなWEBページも、URLを入れるだけで全範囲を画像化してくれる。

画像加工系ソフト

GIFmicro

開発元:Romeolight Software
開発形態:企業開発
ソフトの目的:画像の最適化
対応OS:Windows

画質を劣化させず容量を小さくするソフト。あまりほかのソフトにはない細かい減色設定機能があり、一番色の数を少なく設定したときにモノクロにできる。

Ralpha

開発元:nilpo
開発形態:個人開発
ソフトの目的:画像の拡大・縮小
対応OS:Windows

高品位・高速に拡大・縮小を行うソフト。ほかにも画像加工機能がある。シェアウェア版もある。

waifu2x-caffe

開発元:lltcggie
開発形態:個人開発
ソフトの目的:画像の拡大
対応OS:Windows

waifu2xというAIで推測して画像を拡大できるソフトをGUIでもできるようにし、高機能にもしたソフト。

アイコン ウィザード

開発元:TAD
開発形態:個人開発
ソフトの目的:画像をアイコン化する
対応OS:Windows

素早く簡単に設定して画像をアイコン化できる。

手軽に透明png

開発元:Daytime
開発形態:個人開発
ソフトの目的:PNG画像の透明化
対応OS:Windows

PNG画像の透明に変えたい部分を透明にできる。ある色と、それに近い色を閾値を設定して一括で透明にできる。

過去に存在した入手 or 使用不可能なフリーソフト

知る限りではなし。