使えるインターネット系フリーソフト10選

2020年8月31日

ブラウザ系ソフト

Firefox

開発元:Mozilla
開発形態:OSS開発
ソフトの目的:WEBブラウザ
対応OS:Windows、Linux、Mac OS、iPhone、Android

アドオンが充実している。オープンソースソフトウェアである。

使えるアドオン:

Google Chrome

開発元:Google
開発形態:企業開発
ソフトの目的:WEBブラウザ
対応OS:Windows、Linux、Mac OS

Googleの開発したブラウザ。OSSのChromiumがもとになっている。Googleのサービスを使うのには便利。

使えるアドオン:

  • DownThemAll!:ページにある指定した拡張子のファイルを一気にダウンロードできる。

SRWare Iron

開発元:SRWare
開発形態:企業開発
ソフトの目的:WEBブラウザ
対応OS:Windows、Linux、Mac OS、Android

Google Chromeからプライバシー関連機能を省いたような、プライバシーに配慮したブラウザ。Google Chromeのアドオンが使える。

Tor Browser

開発元:Tor Project
開発形態:OSS開発
ソフトの目的:WEBブラウザ
対応OS:Windows、Linux、Mac OS、Android

Firefoxベースの、Tor技術が用いられたブラウザ。

Website Explorer

開発元:梅ちゃん堂
開発形態:
ソフトの目的:サイト解析
対応OS:Windows

サイトの構造を階層表示し、サイト丸ごとダウンロードも可能なブラウザ。

SNS系ソフト

Joytter

開発元:じょい工房
開発形態:個人開発
ソフトの目的:Twitterクライアント
対応OS:Windows

いろんなアカウントのいろんなもの(タイムラインやリスト等)をカラムとして一挙に表示できる。

LINE

開発元:LINE
開発形態:企業開発
ソフトの目的:チャット
対応OS:Windows、Mac OS

アプリのLINEのデスクトップ版。

ZOOM

開発元:Zoom Video Communications
開発形態:企業開発
ソフトの目的:会議
対応OS:Windows、Linux、Mac OS、iOS、Android、BrackBerry

会議ソフト。1対1の会議の場合は無限にできるが、3人以上で会議を行う場合は40分までしかできない。初回の場合は3人以上でも無限にできる。

VPN系ソフト

Putty

開発元:Simon Tatham
開発形態:個人開発
ソフトの目的:リモートログイン
対応OS:Windows、Unix

リモートログインできる。

VPN Gate Client

開発元:筑波大学
開発形態:国家開発
ソフトの目的:VPNクライアント
対応OS:Windows

いろんな国のサーバを選んで経由できる。

過去に存在した入手 or 使用不可能なフリーソフト

知る限りではなし。