使える科学・技術系フリーソフト14選

2020年8月31日

数学系フリーソフト

3D-GRAPES

開発元:友田勝久
開発形態:個人開発
ソフトの目的:関数のグラフ描画
対応OS:Windows

GRAPESの3D版。

CaRMetal

開発元:
開発形態:
ソフトの目的:数学の図の描画
対応OS:Windows、Linux、Mac OS

数学の図が書ける。商用利用可。Téléchargerのページからダウンロードできる。

FunctionView

開発元:fvworld
開発形態:個人開発
ソフトの目的:関数のグラフ描画
対応OS:Windows

関数を表示できる。任意の陽関数のアニメーションが作れるソフト。

Gcalc-Plus

開発元:さだぼう
開発形態:個人開発
ソフトの目的:関数のグラフ表示
対応OS:Windows

関数を入れるだけでグラフが作成できる。入力された関数の表示形式は数学の関数と同じであり、見やすい。

GeoGebra Classic

開発元:GeoGebra
開発形態:団体開発
ソフトの目的:数学の図の描画
対応OS:Windows、Linux、Chromebook、Mac OS、iOS、Android

数学の図が書ける。商用利用不可。教育目的で作られている。

GRAPES

開発元:友田勝久
開発形態:個人開発
ソフトの目的:関数のグラフ描画
対応OS:Windows

昔からある教育用関数描画ソフトウェア。学校で使われることもある。このソフトに関する書籍が発売されている。

Microsoft Mathematics

開発元:Microsoft
開発形態:企業開発
ソフトの目的:関数電卓
対応OS:Windows

超高機能な関数電卓として使える。平面グラフや立体グラフを生成できる。解法も示してくれる。

Plots32

開発元:川浦 久雄
開発形態:個人開発
ソフトの目的:二次元グラフ作成
対応OS:Windows

超軽量グラフ作成ソフト。値をプロットするだけのシンプルなソフト。20世紀に開発が終了しているが、今でも活用できるソフト。

RINEARN Graph 3D

開発元:RINEARN
開発形態:個人開発
ソフトの目的:二次元・三次元グラフ作成
対応OS:Windows

きれいにグラフを描画することができるソフト。グラフのアニメーションも作ることができる。

化学系フリーソフト

Avogadro

開発元:Avogadro Chemistry
開発形態:OSS開発
ソフトの目的:分子の3Dモデルを作成
対応OS:Windows、Linux、Mac OS

3Dの分子模型のようなモデルを作成できる。

Avogadro2

開発元:Open Chemistry Project
開発形態:OSS開発
ソフトの目的:分子の3Dモデルを作成
対応OS:Windows、Linux、Mac OS

3Dの分子模型のようなモデルを作成できる。Avogadroのソースを書き直したらしい。

BKChem

開発元:Beda Kosata
開発形態:個人開発
ソフトの目的:分子の構造式を作成
対応OS:Windows、Linux、Mac OS

分子の構造式をかける。ベンゼン環が入った構造式に強い。

SketchEl

開発元:Dr. Alex M. Clark
開発形態:個人開発
ソフトの目的:分子の構造式を作成
対応OS:Windows、Linux、Mac OS

分子の構造式をかける。鎖状の構造式に強い。

VMD

開発元:イリノイ大学
開発形態:大学開発
ソフトの目的:分子の構造を表示
対応OS:Windows、Linux、Mac OS、Unix、Solaris

分子の構造を立体的に表示できる。

過去に存在した入手 or 使用不可能なフリーソフト

知る限りではなし。